大きな規模の仕事がしたい
地元からも通いたい

中嶋 真紀
(Maki Nakajima)

新卒入社 2017年度

建築工房 建築工事部

大きな規模の仕事がしたい
地元からも通いたい

中嶋 真紀
(Maki Nakajima)

新卒入社 2017年度

建築工房 建築工事部

小さな仕事からコツコツと

就職先は地元の平塚から通える範囲で建設系の会社を探していました。その中で市役所や老人ホームなどの大きい建物に携われる門倉組に入社を決めました。入社して最初の現場は保育園。そこでは先輩の作業を手伝うのが主で自分の仕事と呼べるものは少なかったのですが、その現場で初めてメインで任せてもらった仕事は、工事現場にある柵に造花を飾る仕事でした。そのままだとあまり見栄えが良くなかったので、少しだけアイデアを加えました。小さな仕事かもしれませんが、現場の皆さんから褒めていただき、嬉しかったのを今でも覚えています。

 

人が温かくて、優しい

そんな門倉組が好き

まだまだ女性の少ない業界なので現場では男性の方に囲まれていますが、優しい先輩ばかりなので毎日楽しく働けています。わからない事があった時には、「なんでわからないの?」ではなく、私がわからない事を理解してくださり、わざわざ時間を割いて、丁寧に教えてくれます。日々忙しい中でもこういった支えがあり、温かい人が多いのが門倉組の魅力だと思います。ただ、ずっとわからないと甘えているわけにはいかないので、どんどん新しい仕事にチャレンジしていきながら、成長していきたいです。

いつか地元にも
私が携わった建物を建てたい

今まで関わってきた仕事は両方とも民間の工事だったので、5年目までには公共工事を担当してみたいです。市役所や学校などの工事も行ってきた門倉組でなら、今後もたくさんのチャンスがあると思っています。ただ、今は藤沢市の現場ばかりなのでいつかは地元の平塚市の公共工事を行ってみたいと思っています。現場監督者として名前も乗るので、正直今は恐れ多い気持ちがいっぱいですけど、いつかは地元に私が携わった建物を建てたいですね。