家族の時間がある
それってすごく幸せです

高橋 拓夢
(Takumu Takahashi)

中途入社 2018年度

建築工房 土木工事

家族の時間がある
それってすごく幸せです

高橋 拓夢
(Takumu Takahashi)

中途入社 2018年度

建築工房 土木工事

先輩の面倒見のよさは会社の伝統

歴史のある会社なので、転職のときはその安定感が魅力でした。それと職場の雰囲気もすごくよかったですね。前の会社でも同じ施工管理をしていましたが、忙しすぎることもあって、先輩や仲間に何かを相談ができる環境ではありませんでした。一人で仕事して一人で悩んで、という感じで精神的にもきびしかった。

でも、この会社に入ったら、まわりの先輩たちがすごく温かくて、困っている私をつぎつぎにサポートしてくれるんです。入社して間もなく、慣れない資料作りをしていたときも、先輩たちが夜遅くまでつきあって丁寧に教えてくれました。こうした面倒見のよさは門倉組の伝統なんだと思います。

公共工事を経験

やりがいを実感

最近、初めて公共工事にたずさわりました。予算規模の大きなプロジェクトが多いし、専門性も求められるので、やりがいはすごくありました。必要な資格も取って、これからもっと勉強していかなければと思っています。社内勉強会にも積極的に参加するつもりです。門倉組は地元で長くやってきた会社だし、街づくりそのものといえる公共工事は会社の看板にもなる。個人的にもどんどん手がけていきたいです。社内には経験者が不足しているので、知識と経験を持った方が入ってくれたらすぐに活躍できると思います。

子どもとの時間が
とれるようになった

前の会社と比べて大きく変わった点といえば、時間の使い方ですね。残業がそれほどあるわけではないので、早く帰って家族との会話ができるようになった。夕ご飯を食べながら子どもと話ができるのはやっぱり幸せです。精神的にもリフレッシュできるから仕事にいい影響があるし、個人としても成長できている実感があります。自分自身、これからもっと力をつけて会社を盛り上げていきたいですね。